ISHIKAWA BODY 1993 RPS13 180SX

ISHIKAWA BODY 180SX (インタビュー – ISHIKAWA BODY 180SX)

(English)

If you follow Speedhunters, then you probably saw the Ishikawa Body 180SX that Dino Dalle Carbonare wrote about in the 07 May 2018 issue. This 1993 RPS13 180SX is owned by Masaru Ishikawa, owner of Ishikawa Body in Hamamatsu, Shizuoka-ken, Japan.

Ishikawa family Wekfest 18
Masaru-san and his young family

I befriended Masaru-san last year on Facebook when I saw his 1991 Toyota GX70 Mark II Station Wagon pop up on a feed and just followed him because of his unique style of doing things, especially with adaptation of the S13 subframe to the GX70. Some of his other cars are the AE86 Levin done in a deconstructed fashion that reminds people of the old American pickups that have been resurrected from the grave but still retain the weather damage and patina. I’ve always been a fan of the deconstructed look.

Work on the RPS13 180SX started last fall and continued through the winter of this year in preparation for Wekfest 18. Mr. Masaru’s work would pop up on my feed from time to time around December, and I noticed that he was taking a different route compared to the rest of the current-day builders. Instead of working with fiberglass/FRP, Masaru-san was using metal. This is a medium usually for those who do body repair work or back to the days before the introduction of fiberglass or carbon fiber to do body modifications. Mr. Masaru didn’t just stop with the exterior, but he turned to the area underneath the hood. You will probably guess he tubbed the front wheel wells… well yes, but it took a different twist entirely. He took things to another level with modifying the engine bay area with paneling that brings attention to just the engine.

Then Wekfest 18 happened… and I haven’t been the same since. I just had to know more about this car… actually, I wanted to know the person behind the car and look into his mind about how this 180SX went from plain, every day to something unique. My thought is that a modified car is like a tattoo. It is a statement that has meaning to the owner, regardless of what the rest of society thinks. It is an extension of the person, and I think we all can identify with this. I could have just written what I thought about the car, but it would be cheating the owner and the rest of the world. I feel that we can all gain a deeper appreciation for personal art by getting the information and the story line from the creator.

I got a chance to interview Mr. Masaru this past week via Facebook Messenger to report to you what his idea was behind the creation of Ishikawa Body 180SX.

(日本語)

Speedhuntersに従えば、2018年5月7日にDino Dalle Carbonareが書いたIshikawa Body 180SXを見たことがあります。この1993年のRPS13 180SXは、静岡県浜松市の石川師の石川勝氏が所有しています。

昨年FacebookでMasaruさんに仲間入りしたのは、1991年のToyota GX70 Mark IIステーションワゴンがフィードでポップアップし、彼のユニークなスタイル、特にS13サブフレームをGX70に適応させたことがあったからです。彼の他の車の中には、墓地から復活した古いアメリカのピックアップを思い起こさせるが、天気の被害と緑青を残している人々を思い起こさせる、デコンストラクションファッションで行われたAE86レビンがある。私はいつも解体された外観のファンでした。

石川ボディGX70 Mark IIステーションワゴンワイドボディ(RPS13サブフレーム付)Ishikawa Body GX70 Mark II Station Wagon wide body with RPS13 subframe

石川AE86カスタムフェンダーフレアー付きレビン Ishikawa AE86 Levin with custom fender flares

昨年の秋からRPS13 180SXの作業が始まり、今年の冬にWekfest 18の準備を続けました。12月頃、Masaruさんの作品が時折餌に盛り上がることになりました。現在のビルダーの残りの人にMasaruさんは、ガラス繊維/ FRPで作業する代わりに、金属を使用していました。これは、体の修復作業を行う人や、体の修正を行うためのファイバーグラスやカーボンファイバーの導入前の日に戻ってくる人のための媒体です。マサル氏は外観だけではなく、ボンネットの裏側に向かった。あなたはおそらく、彼が前輪の井戸を風船に入れたと推測するでしょう…まあそうですが、それはまったく違ったひねりを取りました。エンジンだけに着目したパネリングでエンジンベイエリアを改造し、物事を別のレベルに引き上げました。

そしてWekfest 18が起こった…そして私は以来同じではなかった。私はちょうどこの車についてもっと知る必要があった…実際には、車の後ろの人を知り、この180SXがどのように平野から毎日独特のものに変わったのかを考えたかった。私の考えは、修正された車は入れ墨のようなものです。それは、社会の残りの部分が何を考えているかにかかわらず、所有者に意味を持つ声明です。それは人の延長線であり、私たちは誰もがこれを知ることができると思う。私は車について思ったことを書いただけかもしれないが、それは所有者と世界の他の人をだますことになるだろう。創造者からの情報やストーリー・ラインを手に入れて、私たちが個人の芸術に深い感謝を得ることができると私は思っています。

私は今週のマサル氏にFacebookメッセンジャーを介してインタビューをして、石川さんのボディ180SXの創作のアイデアを報告しました。

 

KMà Kenji Mayhem (prjktMAYHEM) IMà Ishikawa Masaru (Ishikawa Body)

 

Interview- ISHIKAWA BODY 180SX (インタビュー – ISHIKAWA BODY 180SX)

KM: 180SXのアイデアは何でしたか? (What was the idea of ​​180SX?)

IM: 180sxは25年も前の車です。やっぱりどうしても古く感じる。僕はそれを新しい車にしたかった。 (180sx is a car 25 years old (even if it is still popular). After all (even though it is popular), I feel it is old. I wanted to make it a new car.)

Ishikawa 180SX Before and After
Top is as originally purchased, and below is before Wekfest 18.

KM: 最近、自動車を改造するための金属の使用はまれです。実際には、私はあなたの修正方法が「永久的」になるので好きです。ガラス繊維は簡単です。誰でもそれを行うことができますが、金属で修正するには芸術性が必要です。180SXにどんなメッセージを伝えようとしていますか? (Recently, the use of metal to remodel automobiles is rare (compared to fiber). Actually, I like your modification method which is “permanent”. Glass fiber is easy. Everyone can do it, but artisticity is necessary to fix with metal. What kind of message are you trying to convey to 180SX?)

IM: 新しい車は大きなホイルを履いている。でも180の古いタイプのフェンダーはそれが出来なかった。だから僕はそれを修正した。上が修正前。下が修正後。僕は昔の車と現代の車の大きな違いはフェンダーのデザインとアーチ大きさだと思っている。そこを研究してデザインした。後、180をホンダのNSXに負けない車にしたかった。 (The new car is wearing a bigger wheel (19”). But 180 old fenders could not do that (cannot run 19” without modifications). That’s why I fixed it. The above is before correction. The bottom is corrected. I think that the big difference between old cars and modern cars is the fender design and arch size. I studied and designed it. Later, I wanted to make 180 a car inspired by the Honda NSX wheel arch size and design.)

Latest look and the inspiration
これは石川180SXの最新の見た目です。以前見られた350Z 19インチのホイールは、WORK MEISTER S1 18x10J -9オフセット・スクエアに置き換えられました.180SXホイール・アーチはNSXからインスパイアされました。This is the latest look for Ishikawa 180SX. The 350Z 19″ wheels seen previously have been replaced by WORK MEISTER S1 18x10J -9 offset square. The 180SX wheel arches were inspired by the NSX.

これらの欲望を満足させるには自分で改造をするしかなかった。僕は車を修理する仕事を営んでいる。だから時間が有ればなんでも出来る。 これからも趣味として車の改造を楽しもうと思う。 (In order to satisfy these desires, we had to do our own remodeling in the time between doing body work on regular cars (Ishikawa Body’s main business line is automotive body repair). So, you can do whatever you can when you have the time. I am thinking of enjoying car remodeling as a hobby from now on.)

石川ボディーは事故車(Kei car)を修理する定番ボディーショップで、主に定刻営業時間後の夜間に車体改造を行っています。Ishikawa Body is just a regular body shop fixing accident cars (mostly Kei cars) and he does car body modification mostly at night after regular shop hours.

KM: 車に関する少しの情報を提供していただきありがとうございます。あなたのフェンダーの仕事は驚異的です!自然の工場のラインをあなたの変更されたラインとブレンドするあなたのスキルは美しいです。どのようなスキルレベルでこの種の作業を行うことができますか?勇敢で自信を持っている人のためだけです。それはかなり可愛いです。私は車の写真をたくさんダウンロードしました。 (Thank you for providing some information about the car and your mind’s direction and the idea behind the modification. Your fender work is amazing! Your skill to blend the natural factory body line with your modified line is beautiful. What kind of skill level can do this kind of work? It is only for those who are courageous and confident. It’s cute (in a very good way). I downloaded many pictures of the car (to study and ask you more questions).)

The pictures above are during the initial stages of preparation this past autumn.

切断が始まります。新しい金属は、工場の金属が「外側に引っ張られる」ように適合され、スポット溶接は、所望の外観が達成された後、調整が行われた後、より多くの溶接が行われるようにそれを保持する。The cutting begins. New metal is fitted in as the factory metal is “pulled outwards” and spot welding holds it together as adjustments are made followed by more welding once the desired look is achieved.

リアの19インチ350Zグランドツーリングはきれいにフィットします。The 19 inch 350Z Grand Touring in the rear fits nicely.

18インチ350Zグランドツーリングホイール(グランドツーリングは18フロントと19リア)に対応するフロントフェンダーの仕事。Front fender work to accommodate the 18 inch 350Z Grand Touring wheel (Grand Touring was 18 front and 19 rear).

塗りつぶされ、平滑で整形されたそれは本当にうまく形を取るようになっています。Filled in and smoothed and shaped. It’s really starting to take shape nicely.

received_669928436675877
Before and after. You can really tell the difference in the arches. Also notice that the OE “line” has been deleted.

 

エンジンベイパネルであなたのアイデアは何でしたか?大好きです。それらはすべて永久に修正されていますか?私はそれを理解していますが、あなたのインスピレーションを知りたいのです。 (What was your idea on the engine bay panels? I love it. Are they all permanent fixes? I understand the idea, but I want to know your inspiration.)

 

IM: エンジンベイの信念はお金と時間を使わないで格好よくするです。 お金を使えば素晴らしい車が出来るのは当然です。 でもそれでは僕は満足しません。 誰よりもお金も、時間も、かけないで、純粋に自分の技術だけで格好良いエンジンベイが作りたかった。 (The idea behind the engine bay was to make it cool (unique) without using (more) money and time. It is natural that you can make a great car if you use money. But then, I am not satisfied. I did not (want to) spend more money or time than anyone. I just wanted to make a cool engine bay with just my own technology purely.)

パネルの作成 Making panels

独創的!時には平野を取って本当に美しいものにするにはちょっとした創造性が必要な場合もあります。Ingenious! Sometimes it takes just a little bit more creativity to take the plain and make it really something of beauty.

KM: エンジンの電源投入オプションに関するあなたの意見は何ですか? 180SX SRへのアップグレードはありますか?サスペンションフットワークはどうですか?それは標準的なアップグレードですか、何か特別なものでしたか? (What is your idea of the power-on options of the engine? Is there an upgrade to 180SX SR? How about the suspension footwork? Was it a standard upgrade or something special?)

IM: エンジンはHKS GTSSターボでは正常です。サスペンションフットワークは180SXの標準HKSです。 (The engine is normal with the HKS GTSS turbo. Suspension footwork is 180SX standard HKS coilovers.)

KM: 最初のデビューで350 Z Fairladyホイールを使用すると、実際には車の外観がより「近代的な」工場になります。それは多くの人々が見て楽しんでいる爽やかな変化です。なぜWORK MEISTER S1に切り替えましたか?それは美しいホイールオプションです。(Using the 350 Z Fairlady wheel in the first debut actually gives the car’s appearance a more “modern” factory look. It is a refreshing change that many people enjoy seeing. Why did you switch to WORK MEISTER S1? It is a beautiful wheel option, however.)

350Z RAYS ENGINEERING正面に18インチ、背面に19インチの鍛造グランドツーリングホイール。350Z RAYS ENGINEERING Forged Grand Touring wheels that are 18 inch in front and 19 inch in the rear.

IM: 350Zホイルは街に似合うイメージです。 WORKホイルはドリフトのイメージですけど。(350Z wheel is an image that fits the city. WORK wheel is an image of drift. (Enough said!))

received_663085530693501
現在のホイールの選択は、WORK MEISTER 18x10J -9 offset squareです。石川さんは350Zグランドツーリングホイールの見た目を漂流者の遺産よりも好きです。Current wheel choice is WORK MEISTER 18x10J -9 offset square. As Mr. Ishikawa prefers the drifter’s heritage over the city look of the 350Z Grand Touring wheels.

KM: あなたとあなたのスタイルの方法に印象を与えたあなたの影響やお気に入りは誰ですか? (Who are your influences and favorites that gave you an impression on your way of style?)

IM: 僕に影響を与えた人は居ません。僕は自分の世界観を大事にしています。 (There is no one who has influenced me. I take care of my world view (travel my own path).)

KM: 「スタンス」スタイルのアイデアは何ですか?私は多くの現代の日本人車愛好家がUSDMのスタイルと風味に従っていることが分かります。これについてのあなたの気持ちは何ですか?日本国外では、本当の日本のスタイルが最も純粋であると誰もが主張します。私はホンダのドライバーではなかったが、Kanjo Styleだ。私は彼らの信念とコードを理解することができます。日本には、厳格なスタイルのコードに従う地域が複数ありますか? (What is the “stance” style idea? I can see that many contemporary Japanese car enthusiasts follow USDM style and flavor. What is your feeling about this? Outside Japan, everyone insists that the true Japanese style is the purest. I was not a Honda driver, but Kanjo Style (everybody seems to agree it is the essence of “JDM”). I can understand their beliefs and codes. Are there multiple areas that follow strict style codes in Japan?)

IM: 僕はJDMもUSDMも理解していません。ただ好きなスタイルで遊んでいるだけです。ただストリートドリフト、ストリートレースは大好きです。 (I do not understand either JDM or USDM. I’m just playing with my favorite style. I just love street drift and street racing.)

KM: 石川さんの身体は一般に公開されているのですか、それとも民間企業だけですか?日本国外の人にサービスや部品を提供しますか?石川さんの主なアイテムは何ですか? (Is Ishikawa Body open to the public, or is it only a private company? Do you provide services and parts to people outside Japan? What is Ishikawa’s main items?)

IM: 僕は一人でボディーショップを営業しています。仕事は車の修理です。 このような改造は趣味です。 この180sxのボディーキットをFRPで作ると言う理想はもっています。 ただお金がかかるから検討中です。 あなたはこのボディーキットが有ったら売れると思いますか? そこが不安です。 (Ishikawa Body is just a regular body shop, and body design and modification is just a hobby. I am thinking of making fenders (based on the Ishikawa 180). It costs a lot of money and it is under review. Do you think this kit will sell? This is a major concern to think about.)

KM: 180SXでの貴金属の作品は素晴らしいアートです。正直、石川ボディ180SXの多くのファンが金属を好むだろう。私はそれがあなたがエアロキットメーカーの設計の残りからそれを区別することができればそれがうまくいくと信じています。あなたはそれを「要求に応じて」行い、FRPで作品を作ることができますが、非常に強く、非常にきれいな方法です。プロダクションナンバーやお店のハンコと一緒にあなたのロゴをグラスにしてデザインを保護することをお勧めします。あなたはキットの購入者であることを知り、あなたのデータベースでそれを追跡することにより、市場のシリアル番号でキットの品質と量を管理します。コピーと偽物はどこにでもあります。これについて多くの人ができることはありませんが、あなたはイメージと名前を保護することができます。Your metal work with the 180SX is a wonderful art piece. To be honest, many fans of Ishikawa Body 180SX would like metal. I believe it will work if you can distinguish it from the rest of the aero kit manufacturer’s design. You can do it “on request” and make a work with FRP, but it must be in a very strong and very clean way. I strongly recommend that you protect your design with your logo (glassed in) along with the production number and the shop’s hanko. By knowing the name/destination of purchaser of the kit and keeping track of it in your database, you manage the quality and quantity of the kit with serial numbers. Copies and imitations are everywhere. There are many people able to do about this, but you can protect (Ishikawa Body 180SX kit) images and names and quickly identify counterfeiters.)

私は大阪とロサンゼルスに日本のビジネスモデルを理解しているビジネス関係があります。これらの人々はまた、日本のビジネス関係は軽く取られるべきではなく、ビジネスオーナー、イメージ、製品ラインに関しては進歩がゆっくりと測定されることを理解しています。もしあなたが180SXの金属加工のFRP再現を行う決定を下したら、私はそれを見て非常にうれしいです。 (I have two business relationships that has a deep understanding of the Japanese business model in Osaka and Los Angeles. These people also understand that business relations in Japan should not be taken lightly and that progress is measured slowly with respect to business owners, images, product lines. If you decide to do FRP reproduction of (Ishikawa Body)180SX metalworking (fenders), I am very glad to see it (and will help you).)

IM: ありがとうございます。あなたに勇気をもらいました‼ 僕は自分の作ったフェンダーとホイルのスタイルは、数年後には数が増えると思っています。古い車に新しいフェンダーを取り入れるというスタイルです。派手ではないが車のスタイルを激変させます。もし製品にすることが出来たら僕は貴方に協力を求めることにします。僕は静岡に居ます。良かったら遊びに来て下さい。 (Thank you very much. You have encouraged me!! I think that the style of my fenders and wheel incorporation will increase in number after a few years. It is a style of incorporating a new fender (line) into an old car. Although it is not flashy, it makes a dramatic change in the style of the car. If I could do it (proceed with FRP fenders for sale), I will ask for your cooperation. I am in Shizuoka. Please come and visit us if you do not mind.)

KM: あなたの決定にかかわらず、がんばって!石川さんありがとう、あなたと180SXにあなたの時間と洞察を与えてくれてありがとう!私はこの物語で私の最善を尽くします。来年、家族と一緒に日本に帰り、静岡にお会いしましょう。 (Regardless of if you choose to do FRP or not, do your best! Thank you Mr. Ishikawa for giving me some time to tell me about you and Ishikawa 180SX! I will do my best with this story. Hopefully, next year I can go back home to Japan with my family and see you in Shizuoka.)

Let’s enjoy some pictures of Ishikawa 180SX…

Wekfest 18

After Wekfest 18 with WORK MEISTER S1

prjktmayhem_logo

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s